一般歯科・予防歯科・歯周病

当院での虫歯治療(一般歯科)

虫歯の治療は、進行状況によって変わります。歯の一番外側にある「エナメル質」だけが溶けている段階であれば、フッ化物を塗って歯を強化するという治療や、歯科衛生士によるブラッシング指導を行います。
そしてエナメル質の内側「象牙質」まで虫歯菌に侵されていると、歯を削って細菌に感染している部分を全て除去。その後は削った部分に金属やプラスチックの詰め物を入れ、再び感染しないように治療します。
そして虫歯がさらに進行し神経にまで達すると、痛みを強く感じることとなります。この段階まで虫歯が進行してしまった場合は、神経を取り除く治療を選択しなくてはならないのです。
このように虫歯菌は段階を踏んで歯を侵食していくことから、従来は虫歯を取り除いて詰め物をすることが治療の主流となっていました。しかし現在は、虫歯を作らないための「予防歯科」に重点が置かれています。
当院でも治療を終えた患者様に対しては、予防歯科を徹底しておりますので、一緒に歯を守っていきましょう。

当院で行うクリーニング(予防歯科)

虫歯や歯周病の原因は、お口の中に潜んでいる細菌。放置していると普段の歯みがきでは落とせないほど歯にくっついてしまいます。
そこで必要になるものが、定期的に歯科医院でのクリーニング。予防につながるだけでなく、トータルで見ると治療費を抑えることにもなるでしょう。
当院では定期検診メニューとして、歯周検査・歯石の除去・ブラッシング指導・PMTC(プロによるクリーニング)を行います。歯石やバイオフィルム(細菌の塊)を徹底的に取り除き、虫歯や歯周病を予防しましょう。
場合によっては、噛み合わせのチェックや、生活習慣指導、レントゲン撮影を行うこともあります。

大人の方へ

3ヵ月から6ヵ月に1度のペースで定期健診を受けていただくのが理想的です。虫歯・歯周病チェックから始まり、歯石除去、PMTCを行います。歯を強くし、虫歯を防いでくれるフッ素を塗布して終了です。正しい磨き方、おすすめのケア用品などについてもお気軽にお尋ねください。

妊娠中の方へ

妊娠中は女性ホルモンが乱れやすいため、歯茎の腫れや歯肉炎が起こりやすくなります。つわりがひどい時期は、歯ブラシをくわえるだけでも吐き気をもよおすこともあるでしょう。虫歯になりやすい時期ですから、安定期に1度健診を受けていただくことをおすすめします。

当院は歯科衛生士も担当制です!

当院には歯科衛生士が多数在籍。治療の補助をする歯科助手と歯科衛生士の違いは、歯のメインテナンスのプロフェッショナルであるところなのです。
歯科医院で歯科衛生士が行うクリーニングは「PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・ティース・クリーニング)」と呼ばれ、専用の機器を使い、普段の歯磨きでは落としきれない歯肉や歯石をきれいに取り除きます。
さらにはブラッシング指導を行うことも、歯科衛生士の大切な役目。歯磨きの癖や歯の並び方を確認することで、患者様に最適な歯磨き方法を指導します。
そして患者様がどれだけメインテナンスを行っているかを把握するためにも、当院では医師同様に歯科衛生士も担当制を採用。歯科衛生士の在籍数が多い当院だからこそ、このような丁寧な指導が行えるのです。

当院での歯周病治療

歯周病は、虫歯とはまた違う原因菌が歯と歯肉の間で繁殖し、炎症をおこす病気です。細菌は奥深くまで少しずつ侵入し、最終的に歯を支える骨を溶かします。そして支えを失った歯は抜けてしまうのです。
この病気が恐ろしいところは、重症になるまで症状に気づきにくいこと。気づいたときには手遅れになっているということも少なくありません。

初期の歯周病治療

歯周病治療は、進行具合によって異なります。初期のころであれば、スケーリング、ルートプレーニングという方法で歯石を取り除きます。歯石は名前の通り、歯垢が石のように固まっているので歯ブラシでは取り除けません。まず、この歯石を専用の器具を使って取り除きます。それから、細菌が再び付着しないように表面を滑らかにします。歯周ポケットの奥深くまで治療しますが、麻酔をするので痛みを感じることはないでしょう。

中期の歯周病治療

症状が中期以上になってくると、歯肉にメスを入れ、歯の根を露出させて歯周ポケットや歯の根のあたりに付着した歯石を取り除いてゆきます。フラップオペレーションと呼ばれる手法です。最後に歯肉を縫合して終了。もちろん麻酔をしているので痛みを感じることはありません。

後期の歯周病治療

後期に入ると、歯を支えている骨が溶けているので、組織を再生するために「エムドゲイン」という薬剤を用います。この薬剤は、赤ちゃんの歯が生えてくるときに重要な働きをするタンパク質の1種です。溶けた骨の周りに薬剤を注入すると、薬剤が吸収されていくとともに組織が再生していきます。

古賀テクノガーデン歯科 電話番号:043-274-6480 お問い合わせ古賀テクノガーデン歯科 電話番号:043-274-6480 お問い合わせ

実績/患者様の声歯の健康Q&A古賀テクノガーデン歯科 インプラントサイト古賀テクノガーデン歯科 矯正専門サイト古賀通信Facebook