歯を失った方の治療

虫歯や歯周病、さらには事故で歯を失った場合、そのまま放置しておくことは良くありません。噛み合わせが悪くなるだけでなく、生えている歯の並び方も悪くなってしまうからです。
歯を失った場合の治療にはどんなものがあるのでしょうか。当院で行っているブリッジと入れ歯とインプラント治療におけるメリット・デメリットについてご紹介しましょう。

入れ歯のメリット・デメリット

メリット

  • 安全に治療ができる
    入れ歯の治療のほとんどは、口の外で行われます。医療事故を心配することなく安心して治療をうけることができるでしょう。
  • メンテナンスが簡単
    入れ歯は取り外して洗浄できるので、磨き残しがなく、口臭の原因を防ぐことができます。

デメリット

  • 噛む力が弱くなる
    天然歯に比べると、食事の際の噛む力は半分~1/3程度になります。好きなものが食べられなくなる場合があるでしょう。
  • 痛い・外れやすい
    入れ歯があっていないと、口の中でズレて痛みを感じます。また、話しているときに外れてしまうということもあります。
  • 異物感がある
    特に保険治療でつくれる入れ歯は大きく、異物感を感じます。慣れるまではかなりの不快感を伴うでしょう。

ブリッジのメリット・デメリット

メリット

  • 入れ歯より安定感があり、噛みやすい
    ブリッジは、健康な歯を支えにして固定されています。取り外すことができないのでズレにくく、入れ歯よりも食事がしやすいでしょう。

  • セラミック素材であれば見た目にもきれい
    ブリッジの素材は金属以外にセラミック素材を選ぶことができます。本物の歯と見分けがつかないくらいきれいな仕上がりを期待できます。

デメリット

  • 健康な歯を削る必要がある
    ブリッジは、健康な左右の歯を削り、装置を被せて固定します。何の問題もない歯を削るというのはデメリットといえるでしょう。

  • 支柱歯にかなりの負荷がかかる
    歯をくいしばったり、食べ物を食べたりしていると、人工の歯にかかる力が左右の歯にも及びます。3本の歯で受け止めていた力が3本にかかるわけですから、健康な歯にかかる負荷が増えてしまいます。

  • 人工歯に汚れがたまりやすい
    ブリッジの人工歯は、歯肉から生えているわけではありません。少し浮いているために、どうしても下側に汚れがたまってしまいます。これまでよりも念入りに掃除をしておかないと、虫歯の原因になります。

インプラントのメリット・デメリット

メリット

  • 健康な歯に影響しない
    インプラントは、一部の例外を除けば、1本の歯を失った場合、1本の人工歯根を埋め込みます。ですから、健康な左右の歯を削ることはありません。

  • 審美性の高い素材を選べる
    インプラント治療は、土台を作った後に上からかぶせる義歯の素材を選ぶことができます。金属製のものから、自然の歯に近い素材のものまであり、患者さまに適した素材を選ぶことが可能です。

  • 本物の歯に近い噛み心地
    インプラントで最も大きなメリットが、噛む力。顎骨とチタンでできた人工歯根は強く結びついています。多少固いものを食べてもぐらついたりするようなことはありません。

デメリット

  • インプラント周囲炎に注意する必要がある
    歯周病のような「インプラント周囲炎」と呼ばれる症状がインプラント治療後に出ることがあります。歯周病よりもはるかに進行が早いので注意が必要ですが、当院では、3ヶ月毎の徹底的なプラークコントロールを行っています。

当院の即日インプラントとは?

通常のインプラント治療は、3~6カ月の間、骨とインプラント体がくっつくまで待たなければいけません。しかし即日インプラントは、インプラントを埋め込んだその日から、白い仮歯の装着までを行える治療法で、治療後すぐにほぼ普段通りの食事ができます。
メリットの多い即日インプラントですが、この治療を行うには、CTを用いたコンピューターシミュレーションによる細かい診断と、確かな技術力、術後の経過観察が欠かせません。即日インプラントをご希望の方は、一度当院にご相談ください。

古賀テクノガーデン歯科 電話番号:043-274-6480 お問い合わせ古賀テクノガーデン歯科 電話番号:043-274-6480 お問い合わせ