口腔外科

口腔外科とは? 

口腔外科とは、虫歯や歯周病以外の治療で「外科的手術を中心とした歯科治療」を行うことです。当院では、大学の麻酔科医と連携しており、必要に応じて麻酔方法を変えることも可能。痛みだけでなく、精神的な不安を抱える人にも治療が受けやすい環境作りを心がけています。

親知らずの抜歯

生えきっていない親知らずに痛みがある。親知らずが横に生えている。
このように、永久歯の中で一番最後に生えてくる親知らずは、正常に生えてくるためのスペースがない場合が多く、トラブルの原因になりがちです。もちろん正常に生えていれば抜歯する必要はありませんが、隣の歯を押していたり、腫れがひどくなっていたりする場合は、抜歯を検討したほうが良いでしょう。
健康な歯を抜くと聞くと、とても痛い手術のように思われるかもしれません。しかし、基本は虫歯で抜歯する場合と同じ。麻酔をかけてから行うため、痛みを感じることはほとんどありません。
しかし生え方によっては、歯を割ってから抜歯するなど複雑な治療が必要となるため、他の歯に比べると治療に時間がかかります。

歯根端切除術(しこんたんせつじょじゅつ)

虫歯菌が神経まで達していると、再び菌を繁殖させないために神経を取り除き、神経が入っている根管という部分をきれいに消毒します。
しかし歯の根っこのほうに、歯根嚢胞(しこんのうほう)や歯根肉芽腫(しこんにくげしゅ)と呼ばれる病巣があると、根管治療だけでは完全に治らないおそれがあります。
その場合病巣を取り除き、歯の根っこの先端部分を切除するという治療を行います。これが、歯根端切除術です。

インプラント

歯を失った場合、これまではブリッジや入れ歯を入れることによって、歯の機能をサポートしていました。しかしそのような治療法は口の中に違和感を覚えたり、以前のように食べたり話したりできなくなってしまうというデメリットがあります。
インプラントは、天然の歯のように使えることをめざした治療法です。現在インプラント治療で用いられているのは、骨と一体化するチタンという素材。さらには骨との親和性が高いヒドロキシアパタイトと呼ばれる、人工的に作り出された骨や歯の成分をチタンの表面にコーティングするという方法も用いられています。
インプラント治療は、歯周病や技工物に関する幅広い知識が必要です。そして何よりも大切なのが、成功率の高い方法を忠実に再現できる技術力。当院が最も得意としている分野です。技術だけでなく、それを十分にサポートできる設備も導入してきました。より安全に、より確実に手術をするための環境が当院には用意されています。

古賀テクノガーデン歯科 電話番号:043-274-6480 お問い合わせ古賀テクノガーデン歯科 電話番号:043-274-6480 お問い合わせ